<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 炎の餃子 | main | 日本発!水素水が飲み放題の展示場誕生!! 前編 >>

2016.06.02 Thursday

現場撮影講習

ブログランキングに参加しています。

皆様のワンクリックお願い致します。









皆さん、こんにちは!

名古屋市瑞穂区水周り設備のリフォーム
外壁塗り替えなどの増改築
高気密高断熱で外張り断熱の木の家注文住宅の設計施工
太陽光発電システムの設置工事もしている
サイエンスホーム瑞穂展示場・蠹瀑建設の山本手矢印上 です。


昨日、大名古屋ビルヂングで行われた「リモデル現場撮影講習会」に参加してきました!


初めに座学で、フリーランス・フォトグラファーの方に現場撮影のポイントやカメラの使い方について教えていただき

次は実際にTOTOさんのショールームをお借りして、実践撮影を行いました!カメラ

最後に撮影した写真の講評会をして終わり!という流れです。




施工事例となる現場写真は、大事なプレゼンツールとなりますし

そのプレゼンツールがブレていたり、なにを伝えたいかわからないと、せっかく良いリモデルができていても

良さが伝わらないですし、台無しになってしまいますよね(;´∀`)


しっかり学んで現場で生かせるよう頑張ります頑張る



下こちらはポイントなどは考えず、普通に撮影した写真です。


そしてこちらが撮影ポイントの「垂直のライン」を意識して撮った写真です!

柱や扉などたてのラインを垂直に合わせるだけで、写真の写りがだいぶ良くなるらしいです。


上の写真はたてのラインが真っすぐでなく、曲がっていますが

下の写真はラインが真っすぐ(少し歪んでますが、これは慣れるしかないそうです。笑)になっていてすっきりしていますね!




こちら⇓も入口部分の垂直ラインが合っていません。


こちらは僕の今回のベストショット(自己申告です。笑)です!


ラインは真っすぐですっきりしていますし、床をポイントで大きめにとって広いトイレ空間を見せられるよう意識しました〜!

残念なのは、左の方に手洗いの配管が見えているところと

もう少し床を広くとっても良かったかなと思います。(;^ω^)



今までは写真を撮るとき何も意識せず撮っていましたので

良い写真がありませんでしたが、今回の実戦で学んだことはすぐに現場で生かせることですし

日常で写真を撮るときにも役立つので、これから実践していきたいと思います!!


僕の載せる写真がグレードアップするかも。笑

いい写真が撮れるよう頑張ります(`・ω・´)b



ブログの左側に人気ブログランキングのバナーが付きました
クリックして頂いている皆様ありがとうございます。



念のためクリック↓をよろしくお願い致しますm(_ _)m
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/