<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 実家へ帰ってきました〜 | main | ちゃめは安上がり? >>

2017.11.07 Tuesday

検査の違い

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!


 
今日も良い天気です。
 
トランプ大統領が来ている間は晴れていて良かったですね。
兵器を買わされそうですが・・・。





皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から
夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/瑞穂展示場・蠹瀑建設の
冬頭(ふゆとう)
です。





日産自動車が車両の検査を無資格の社員にさせて車を出荷していたそうです。


以下はYahooニュースさんから抜粋しました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
日産自動車の無資格検査問題に絡み、複数の工場では国が監査に入る際、
その日だけ無資格者を検査業務から外すなど、組織的に適正を装う工作が
行われていたことが新たにわかった。
日産は6日、出荷停止していた全6工場のうち京都を除く5工場で7日から出荷
を順次再開すると発表したが、安全や法令順守の姿勢を問う声が上がりそうだ。

関係者によると、関東や九州の複数の工場で、従業員から「国交省による監査が
あるときだけ無資格者を作業ラインから外す隠蔽(いんぺい)工作が横行していた」
との証言が示された。一部の工場では、監査時に有資格者であることを示すバッジを
無資格者に配り、問題がないと見せかけていた。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


車は人の命を預ける大切な製品です。

日産では検査の資格を持っている人がそんなに少ないのか?
資格がなかったら作業ラインを動かしてはダメなのではないかな。

このことは当然上司も知っていたことでしょう。
どこまで上に上がっているかは知らないが、
上司の指示がないとやらないでしょう。工場長かな?


あまり景気の良さを感じなくて、アベノミクスの恩恵をもらってないような
我々中小企業ですが、大手が儲かっているのはこんなことをしているからでしょうね。



私たち建築業者は瑕疵保証検査機構に重要なポイントを検査してもらい
合格しないと次の工程に進めない・・・いや、自主的に進まないのだ!

まあ、検査に受からないような仕事とはしないので、検査は一発で受かるのですが
検査員さんの都合が合わないと1日中待ちぼうけをすることもある。
これでは売り上げも上がりませんよね・・・。


基礎を作るときに配筋検査を受けるのですが、今回は3年前に新築した建物の
増築工事も検査を受けて施工している。

今回はベースコンクリートが事前にあった場所に平屋を増築するので
鉄筋を打ち込む寸法や↓




使うボルトなども指定のものを使う!





そしてこの様な配筋をして、鉄筋の寸法やコンクリートのかぶり厚(鉄筋からコンクリートの幅)
を第3者の検査員さんが見て、OKが出た後しかコンクリートを打てないのだ。
そして、この様に増築の建て方が終わると、建物の検査が行われる。
今回は加盟しているサイエンスホームの住宅にサイエンスホームの仕様で
増築する初めてのケースです。
全国130店舗の加盟店の中でも初の増築だそうです。(ちょっとだけ自慢!)
建った後は下の写真の増築部分の雨仕舞いが一番のポイントです!

新築工事でも屋根のルーフィングの立ち上がり寸法などをチェックします。
あと、柱に付ける金物などもチェックします。
住宅建築もたくさんの金物やルールがたくさんありますので
検査員さんが全てチャックは出来ません。
重要なポイントだけは見ていただいて、残りは私達の判断で施工します。
大手のようにたくさん儲けなくても、お客さんを第一に考えることをしないと
私たちのような小さな会社は長くもちません。
たとえ見えないところでも、次の依頼もいただけるように
心をこめて、自分の家と思って社員や協力業者さんも接しています。
だから小さな会社でも57年も続いているんだと信じています。
長く続いている小さな工務店さんも、みな同じ思いで家作りしています。
大手も利益ばかり追求しないで、私たちのような中小企業を見習って
ほしいものですね。

今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/