<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【名古屋市緑区】ロッジテイストのお家の内部をちょっとご紹介! | main | サンルーム工事やってます! >>

2018.04.03 Tuesday

地元の名店『うな豊』さん 建物編

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!



景気がいいのか、消費税が上がる前だからか
新築やリフォームをする方が増えてきて
すでにお盆まで工事予定が詰まってしまった・・・。

ありがたいことですが、急いで工事をしたいお客様には
ご迷惑をかけてしまいます。

これから告知をしていかないといけないですね。
建築業界は人手不足だぁ・・・。






皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から
夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/瑞穂展示場・蠹瀑建設の
冬頭(ふゆとう)
です。

JUGEMテーマ:





さて、地元の名店うな豊さんシリーズも大詰め!

今日は建築業者として愛着のあるお店の投稿です。
お店は創業当時のままですが。焼き場の外の庇は当社で
リフォームさせて(↓ココの窓の上)頂きましたー!

うな豊さんの玄関は歩道より(↑ココ)一段下がっていますが、
これは創業当時の道路面が今のお店の土間の高さだった証拠です。


当時の道路は舗装されていなかったので、その道の高さでお店の土間を作ったのです。
 

うな豊さんのHPからお借りした写真でも、ちゃんと(↓ココ)道と入り口がフラットでしょ!

この後、道路が舗装されて、どんどんと道路のほうが高くなってしまったのです。

 

僕が幼稚園入る前かな?、舗装されていく工事を朝から晩まで見ていたなあ。

働く車〜♪は面白かったもん!




お店の中も昭和のまま!

 

 

 





おー、座敷の窓も木の建具です!

いやー、いい感じ!!

ペアガラスなんか高性能ですが、この味わいは出せない!
 

 

 

でも、このガラスは薄くて2ミリの透明ガラスかな?

今も作ってますが、そのうち無くなるでしょうねえ・・・。


 

 

 

 

 

また鍵も昔のままなんですよね〜!

これも壊れたら、まずは売ってないよなあ・・・

まだ、あるのかなあ?



 

 

 

 

 

トイレも昔のまま!

(↑ココ)入り口の木製扉の鍵もいいでしょ!

手書きの『←ロック』は鍵のかけ方知らない人がいますからね。


 

 

私がこの業界入った30年前は洋便器が少なくて、このような和式が多かったです。

このように段がついているのを汽車便と呼んでいました。
 
電車に付いていたトイレがこのようなタイプだからです。
和便器も段のない平らな仕様もありましたからね。



 
トイレは古いのですが、うな豊さんのすばらしいのは
これら古い設備が綺麗なことです!
 
いくら新しい建物でも、掃除が行き届いていないお店も
ありますよね。

 
『古い、新しい』で判断するのではなく、
『清潔、不衛生』で判断しなくてはいけません。


 
私たち建築現場などもそうですよね。
 
掃除が行き届いて、整理整頓していない業者は
いい加減な工事をすることが多いので
どんな業種でも一緒ですね。



 
次はついに最終回。
 
こんな古い伝統をきれいに保って守っている
うな豊の大将のお話です!





今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/