<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< K様邸外壁塗替えが無事終わりました〜 | main | 寝てみれば解るにゃ〜! >>

2018.09.02 Sunday

「学校、無理」そう思ったら逃げてもいいよ!

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!




今年の9月は1日、2日が土日なので
学生の皆さんは2日間も得したねー!




皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から
夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/名古屋瑞穂展示場
・蠹瀑建設の冬頭(ふゆとう)です。




夏休みが終わる日、中日新聞の1面には今年もこんな記事が載っている。

最近はスポーツでのパワハラなどもあり、学生の皆さんはとても辛く、
悩むことも多くなってきたような気がします。

新聞の別ページには、最近の学校ではスマホ関連のいじめも多いそうで
学校の先生が「自分たちの世代はスマホが無くて良かった。」という記事も
載っていました。

この言葉の意味はスマホいじめがそれほど怖いということでしょう。



私が高校生のときは、いじめなどは全く無かったのですが、
小中学校のときは少しはありました。

但し一人を空気のように無視するとか、ラインを使ってハバにすることは
ありませんでした。

どちらかというと、一人や少数グループが言葉や軽い暴力で

いじめていたような気がします。


軽いといっても暴力はいけないのですが、怪我をさせるような

ひどいものではありませんでした。

 

 

 

 

そして女子の一人を男子がいじめていると、女子がグループで彼女を

助けたり、先生に言ってやめさせたりするのが多かったと思います。

 

 

先生も熱血な方が多く、よくぶん殴られました・・・(笑)

女性の先生は殴らずに、硬い靴でけられたことも・・・(笑)

 

 

 

 

中学のとき、友人が女子をいじめていたのを先生に注意されました。

 

先生:いじめをするのは人種差別をしているのと変わらないんだぞ!

   お前はどう思っているんだ!

 

友人:そんなの別にいいと思います・・・

 

と言った瞬間、彼は教室の後ろまで吹っ飛んでいました・・・汗

 

この時は、いじめをしていなかった私たちまでビビリましたね・・・汗

 

 

 

 

暴力はいけないと思うのですが、私たちのころは正義感の強い先生も多く

怖かったので、先生に怒られるといじめも無くなりました。

逆に良かったのでしょうか?

 

 

そして私たちのころは、先生に殴られることを親に言うことも

ありませんでした。

それは黙っていないと大変なことになるのです。

 

何故なら親に知れると、さらに親父にぶん殴られました。

先生より怖くて、それ以上いじめをすると親まで通知されるのが

嫌なので、学校で怒られると、その後はしなくなったことが多かったです。

 

 

 

私たちの時代と今の時代は違うので、

暴力で制圧することはいけません。

 

でも、どの時代でも親が子供を思う気持ちは一緒です。

私たちが殴られたのも、親や先生の愛情があったから、

私たちも反省しました。

 

 

今の親は暴力で子供たちを教育することは少ないですが

子供たちを愛する気持ちは変わらないのです。

 

 

 

もし、学校や生きていくのが嫌になっても、自ら命を絶つことは

親がどんなに辛いものかをわかって欲しいと思います。

 

 

 

学校なんか行かなくてもいいし、もし勉強やスポーツが好きなら

他の学校へ行けばいいと思います。

 

そして君たちが元気で笑顔になれば、親や周りの人たちも

とても笑顔になり幸せになります。

 

 

 

学校を変わるのは難しいことかもしれませんが、

君たちが元気になるなら、周りの大人は必ず協力してくれます。

 

もしも回りに頼る人がいなかったら、私の高校の同級生に

政治家の参議院議員がいますので、彼に僕から頼むこともできます。

 

彼は斎藤よしたかと言って、元は小学校の教員をしていました。

斎藤は困っている生徒さんがいたら必ず助ける先生でした。

 

高校生のときからも真面目で熱血な男でしたし、

今も日本の教育や私たちの生活を良くしようと頑張っています。

 

 

 

ご両親や先生、友達に相談できない人がいたら、ぜひ私や

斎藤を頼ってください。

 

必ず、明るい未来が開けます。

生きていると、楽しいことのほうが多いと思うよ。

 

 

 

私も56年も生きているので、辛いこといっぱいありましたが

楽しいこともたくさん経験していますし、今からも

残りの人生を楽しもうと思っています。

 

このブログのおじさんの投稿見てみてね。

仕事は大変なこともあるけど、遊んでいるときは

子供みたいに楽しんでいるよ!

 

 

生きるってすばらしいことだよ。

一緒に楽しもう!

 

 




JUGEMテーマ:学問・学校


今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/