<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「男前インテリアが似合うブルックリンスタイル」のお家 写真撮影しました! | main | 皆さん、台風の被害は無かったですか? >>

2018.09.30 Sunday

’18今シーズン最後の渓流釣り

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!


 
台風が近づいていますが、今朝は晴れてたし
今も静かですが、嵐の前の静けさとはよく言いましたよね。
 
今夜が怖いです。
 
皆さんも気をつけてください!






皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から
夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/名古屋瑞穂展示場
・蠹瀑建設の冬頭(ふゆとう)です。


 
さて猛暑だった今年の夏は、海釣りに行くと死にそうになるので
もっぱら避暑をかねて長野県木曽町方面へ渓流釣りにばかり行っていた。
 
その渓流釣りも、今日の9月30日をもってシーズンは終了になり
明日からは禁猟となります。
アマゴや岩魚たちは産卵時期にはいるからね。


 
今月は最後の日が週末になったので、昨日と今日の土日は
川には多くの釣り人がいたでしょうね。

 
でも今日みたいな台風の前は良く釣れるのですよ。
 
低気圧を感じるのか、明日から雨で増水して餌が食べれなくなるので
台風の前にえさを荒食いすると聞いてます。

 
もちろん、増水で濁流になると餌を食べれないので
台風後も実際に良く釣れました!





 
そんな中、私たちへっぽこつりコンビは先週に最後の釣行に行ってきました。
 
私たちがメインに釣っているホームグランドの源流の最終地点です。
水量は落ち着いているというか、少し少な目かな?
↑ココは川が二股に分かれていて、この左のほうで熊に会いました。



 
9月に入ってからも数回釣りに来ましたが、いいポイントでも
何故かこんなチビ岩魚ばかり釣れる・・・涙





奥の落ち込みでやっとキープサイズの20cmサイズが上がるが、
リリースサイズのほうが多くて、自分の中では盛り上がりに欠けるの・・・
あわせを入れても、魚体が小さいので引きが無く、すぐに上がってきてしまうし・・・。

 
早川師匠も釣れるのはチビばかりと表情もさえないですね・・・

ココは確実に魚がいるというポイントでもあたりがないし、
釣れても小型ばかりでため息が出ます・・・。



 
最終日なのに15cm〜21cm位を11匹ほどしか釣れなかった。








早川師匠の後ろには通称『鯉の池のおっちゃん』が
台風で折れかけた木を切っています。
このおっちゃんは岩魚の内臓を酢漬けで食べるそうなの。
 
この魚をさばく小川はおっちゃん家の前なので、いつもさばいた内臓を
あげるので、この間はお礼と言ってジュースをくれました!




魚をさばきながら、自分の魚も小さいものばかりと嘆きますが、
師匠は最終日の朝に入った川で、25cm前後を7匹ぐらい釣ったのだ!
さっすが師匠である!



釣りも山もキャンプも好きな二人の楽しみは、釣った後の食事やビールなんだなあ!

僕は山での渓流が終わっても、海や湖で他の魚を釣りますけどね!

師匠は渓流釣りだけしかしないので、シーズン終了は悲しげなの・・・。

 

 




飲んだり食べたりするのは昼も楽しいけど、夜も格別である!

僕はもっぱらトイレがきれいな道の駅や街道のトイレの駐車場をお借りするが

師匠は焚き火も好きなので、このような明かりも無い山ん中でのキャンプとなる。

当然トイレも無い・・・(笑)

 

 

焚き火は直火ではやらないので、環境破壊にはならないのですが

道端でやれないのが難点である。
 

 

でも師匠は春と秋に必ず焚き火をするので、トイレの無い山奥に

家族を連れて行かず、私を連れて行くのである・・・。



 

そんな楽しい釣りやキャンプもシーズン終了と共に終わってしまう。
ススキと秋の空と共に、師匠の後姿も寂しげに見えますね。


 
でも今年も熊やイノシシにも会わず、転倒や大きな怪我も無く
交通事故もなく無事に終了したのが一番嬉しかったです。

 
漁協や地元の皆さんのご協力で楽しく遊ばせていただきました。
 
自然の恵みに感謝して、来シーズンまで楽しみに待っています。







今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/