<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 手乗り文鳥ならぬ、肩乗り猫だニャ〜! | main | 土地の売買契約の解除等に関する事項 後編 >>

2018.12.15 Saturday

土地の売買契約の解除等に関する事項 前編

JUGEMテーマ:ニュース

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!

 
ココ最近はめっちゃ寒くなりましたねー!
風が強く吹くのは大嫌いです!




皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から
夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/名古屋瑞穂展示場
・蠹瀑建設の冬頭(ふゆとう)です。



 
さて当社は不動産の免許も持っているので、土地から探して
注文住宅を建てる方も多いのです。

ちなみに免許番号は『愛知県知事(13)第6299号』です。

昔は3年ごとの更新でしたが、途中から5年に延びたので
不動産営業は42年くらいの歴史を持っています。



先日は愛知県長久手市で土地を購入して、当社の木の家を建てる
お客様の土地の仲介にもアドバイザーで同席しました。

仲介業者さんがいるときは、割り込みませんので、
あくまで建築の立場で、お客様のお供で参ります。
 

土地の決済をして、所有権移転も無事に終わり
地盤調査もしたら、とっても固い土地で
地盤改良も無いとの朗報でした。

長久手も田んぼや畑が多かった土地なので
ラッキーだとお客様と喜んでいました。




ところが基礎工事にかかったら、地盤の下から
このようなガラなどが出てきたんです・・・。

小さな自然石はしょうがないのですが、明らかにアスファルトや
コンクリートのガラが出てきました・・・。



どう見てもアスファルトですね。



 
この土地はもともとは砂利敷きの貸し駐車場でした。




今回この地盤面から50cmほど基礎の底盤を掘ったら、
このような異物が出てきました。

アスファルトらしき物が一体の層になっているのがわかりますよね。



 
コレが一部ではなくて、全体に埋まっているのが解りました。
どうりで地盤調査の結果が硬い訳ですよね・・・。
アスファルトだもん・・・。





 
さて、このような不慮の事故はどうやって解決するかというと
不動産の契約条項には下記のような一文があります。
 

1.売主は、買主に対し本物件の隠れたる瑕疵について責任を負います。

2.前項の瑕疵について、引き渡しから3ヶ月に請求を受けたものにかぎり

  責任を負うものとし、買主は売主に対し、前項の瑕疵により生じた損害の

  賠償を請求することができます。

3.買主は、売主に対し、第1項の瑕疵により、本契約を締結した目的が

  達せれないとき、引き渡し完了から3ヶ月以内に限り、本契約を解除

  することができます。

4.売主は買主に対し、本契約締結時に第1項の瑕疵の存在を知らなくても、

  本条の責任を負いますが、買主が本契約締結時に第1項の瑕疵の存在を

  知っていたときは、売主は本条の責任を負いません。

 

このように隠れた瑕疵を買主に負わさないのが基本です。
売主は責任を持ってきれいな土地を引き渡す責任と義務があります。

 
ただし中古住宅などは、雨漏れなどのトラブルがあるので
一くくりにできない場合もあります。
複雑なので、ココでは省きますね。

 
注意とすると、4は知っていて買うというレアなパターンです。
土地や建物を安く買う替わりに、告知した瑕疵も文句言わずに
買い取るというものですね。





 
本題に戻すと、今回の仲介でこのような大規模な瑕疵が出たのは
私の取引事例でも初めてでした。
 
小規模な瓦や下水マスが埋まっていて、後から掘り出した
ことぐらいはありますが・・・。



 
今回は引渡し後、すぐに基礎を掘るので期間を何気なく2ヶ月に
していましたが、このアスファルトが出たのは、期限が切れる
2週間前でした。
 
工事がもう少し遅れていたらと思うと
今でもゾッとします・・・。


 
今回は契約どおり、売主さんの費用でこの埋設物を撤去することに
なったのですが、ココからも問題が山積みでしたし、
この時は、さすがに疲れました。




 
後半へ続く・・・。









今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/