<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土地の売買契約の解除等に関する事項 前編 | main | 今日もレゴランド特集〜 >>

2018.12.16 Sunday

土地の売買契約の解除等に関する事項 後編

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!


 
最近、パソコンが動かなくなったり、勝手に落ちるので
新しいパソコンが来ました!
 
あとはコンピューターの管理会社さんがセッティングして
くれるのを待つだけなんですが、買った途端、
今使っているパソコンが絶好調です!・・・汗

 
こういうこと、よくありますよねぇ。
修理頼んだら良く動いたりね。
 
機械になめられている気がします・・・。





皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から
夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/名古屋瑞穂展示場
・蠹瀑建設の冬頭(ふゆとう)です。





 
さて、地盤の中に産業廃棄物などが出てくると掘り起こして捨てるのですが、
この土地は191屐別鵤毅個據砲發△觜い土地だ。
 
ココの全体にアスファルトが埋まっているとすると、単純に土砂を全て
入れ替える計算をすると大変な数字になってしまう。

 
今回は埋まっているのが地盤から1mくらいと想像しても、
この敷地は道路から70cm上がっているので、合計で1m70cm。
 
これに面積の191屬魍櫃韻襪1.7×191=324.7立米!!

 
10tダンプで約7立米を載せて捨てても、47台にもなってしまう!!!


 
こんな量を掘り起こすには、ユンボ(←建築用語、ショベルカーです)も
大型の物でないと日数がかかって、金額もアップしてしまうのだ。
 
そこで今回は大型のユンボに来てもらった!
これだけ大きいと、トレーラーからユンボを降ろすのも一苦労だ。
道路を一時通行止めにして降ろしました。

 
途中で何台もの車に頭を下げて協力してもたった。
皆さん、ご迷惑をおかけしました。
 



 
まずは今後の日程の予想もしないといけないので、
まずはどれだけ深くアスファルトやガラが埋まっているか調査だ。
意外に深くまであるじゃん・・・。



 
建材屋さんと深さを測ると・・・



なんと、1m45cmの深さまで埋まってるじゃん・・・。
このような廃棄物は売主さんの負担で捨てるのですが、
撤去費用が高額になるのはつらいですよね。
 
これくらいの規模になると、撤去費用も300〜400万円ほどに
アップしてしまう。
 
さらに土の量は読みきることができないので、土の搬出には
追加が出ることが絶対条件として付くのだ。



そこで今回は土砂の量を極力減らすために、ユンボの先に
このような10cmほどの網のバケットを付けて、
アスファルトやガラだけを捨てるようにした。

私は買主側の業者ですが、いつも何とか安くできないか工夫をしますし、
適正価格でお見積りを出す癖がすごい!(←ココは千鳥のノブ調で読んでね)


だって、こんな予想もしない埋設物が出てきて、売主さんも可哀想ですよね。

売主さんは30年ほど前にこの土地を買ったそうです。
その当時も駐車場だったそうですが、アスファルトなんかは
全く無かったし、説明も無かったそうです。

まあ、そのころの土地の売買は瑕疵担保責任などの法律も無いから
確認もしないですからね。




他の場所も掘っていくと、やはりアスファルトが埋まってます・・・。





1m40cmほどの深さは奥まで続いていました。

工事は1週間の予定でしたが、量が多かったので3日ほど日程が延びました。

でもユンボの運転手さんの努力と腕の良さで、処分する土砂の量は
予定よりオーバーせずに済んだので、追加金額は少量で済みました。




実は今回のようなアスファルトやガラが出る事例は多いのです。
私がこの業界に入った30年ほど前は、田んぼなどの柔らかい土地には
コンクリートのガラを入れて埋め戻すと、硬くなって強いと
教えられ、熟年の職人さんはバンバン入れてましたから・・・

池に産業廃棄物を埋めて宅地にして販売することも
平気でやってましたから、今では考えられません。

また、名古屋市内などでも文化財が埋まっている場所は
工事もストップして調査になってしまいますので注意が必要です。


皆さんも、土地を買うときは瑕疵保証は3ヶ月とって、なるべく
その期間中に基礎工事に着手することをお薦めします。

そして長く営業している不動産業者や、
愛知県宅地建物取引業協会(長い名前だ・・・汗)などの
協会に入っている会員さんに仲介を頼むことがいいですね。



これから土地を探す方は、いい土地を買って、
ぜひ木の家を建ててくださいね。




 

今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/