<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 引っ越しで出たゴミが宝に?? | main | 本社ビル建て替え工事2 きっかけ >>

2019.03.07 Thursday

本社ビル建て替え工事1 エピローグ

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!

 
3月に入り、ここ最近は小春日和で暖かい日が続きますね。
 
このまま春になるといいのですが、今年は
桜前線も早く、4月には散っているそうです。
 
そういえば息子が小学校へ入学した年も
ソメイヨシノはすでに散っていて、八重桜が
咲いていた思い出があります。




皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から
夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/名古屋瑞穂展示場
・蠹瀑建設の冬頭(ふゆとう)です。




当社の本社ビルは私が小学生の時、昭和48年ごろに完成しました。

当時は第二次オイルショックの時でトイレットペーパーが
なくなるという風評でお店から商品がなくなった時期だった
かな?(よく覚えてません・・・)

しかし建築現場でもセメントがなくなって、母親と一緒に車で
母の生まれ故郷の福井県まで毎週セメントを買いに行った
覚えがあります。

当時は北陸道もないので、岐阜県の郡上から油阪峠を通って、
片側1車線の国道を福井県大野市まで行っていたので、
母が心細くて私を連れて行ってたのでした。

トランクにセメントを10袋くらい載せるので、
車がケツふって怖かったですね。
今のセメントは20/袋ですが、当時は40/袋でしたので
400圓郎椶擦垢ですかね?(笑)





本社ビルは1階が駐車場、2階が事務所、3階は会議室や
社長室がありました。

4階から5階は賃貸のワンルームになってますが、50年も前の
ワンルームなので玄関ドアを開けたらすぐに6畳ほどの洋室があり、
はい終わり・・・(笑)

収納も何もないし、ユニットバスはトイレが組み込まれている
3点セットなので現在の若者には受けない間取りになっていました。

当然、家賃を下げても入居率は悪く、空き部屋ばかりで
家賃も取れない状況でした。




そんな中、高額な費用をかけてまで建て替えをしようと思った状況や
これから進んでいく状況を建築のプロの観点で投稿していこうと
思います。

私どもが作っている木造住宅と、今回建築する鉄筋コンクリート造
(略してRC造)は少し違いますが、建物を建てるということは同じなので、
これから家やビルを建築する予定の方の参考になれば幸いです。

建築の専門家と施主の立場での感想も交えて、来年の3月ごろの完成まで
1年間の建て替え投稿をしていきますので、しばらくお付き合いを
お願いします。


う〜ん、今年は釣りのブログ記事が減るかもな・・・(笑)




 

今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/