<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラグビーW杯 日本代表頑張れ!後編 | main | 久しぶりに観たいドラマがスタートします! >>

2019.10.05 Saturday

新築工事の5年点検に行きましたら、ご家族が増えてました!前半

JUGEMテーマ:住宅

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!



さて、今日の夜はラグビーワールドカップの

日本対サモア戦がありますね。
 

 

帰ったらビール飲んで応援します!!

 






皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市で木の家を建てたい『木の家が好き!』な皆様から

夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』の家を愛されている
サイエンスホーム名古屋南/名古屋瑞穂展示場・蠹瀑建設の冬頭(ふゆとう)です。



 

 

 

 

さて4年に1度のワールドカップですが、当社では新築住宅をお引き渡した後

1か月、1年、2年、5年、10年点検を義務付けております。
 

 

 

お引渡し後は何もない事の方が多いのですが、何か不具合がある場合は

1か月以内に出ることが多いので、まずはすぐに1か月にご訪問します。

 

 

例えば良くあるのが、

サッシや網戸の動きが悪い

内部建具の引き戸が重い

プロペラファンから音がする

電気温水器やガス給湯機から水が漏れる

床鳴りがする

などです。
 

 

サッシや建具は調整で直りますし、ファンや給湯器などの機械ものは

メーカーさんに直してもらいます。
 

 

床鳴りは私どもの材料が自然素材なので、多少は出てきてしまう

現象ですが、木がなじんでくるとすぐに直ります。

 

 

 

でも、ほとんどは何も起こらないお宅の方が多いですけどね。






 

 

 

 

 

 

 

今回は5年点検にお伺いしました!

こちらのお宅はお洒落な家で有名な『BESSの家』さんをモチーフに
内装はダークで統一しましたが、外部はグリーンのガルバリュウム鋼板に
ブラウンのサッシを採用していただきました。

 

BESSの家さんは遊び心があって、アウトドア好きな僕も

大好きなメーカーさんですが、少し価格が高いかな・・・

展示場などにお金がかかっているからなあ・・・。

 

でも、いい家を造るメーカーさんなので、家造りを考えている皆さんも

一度は覗いてみてくださいね。

 

その後にサイエンスホーム名古屋南店も寄ってね!(^o^)ノ

 

 

 

 

 



お施主様のこだわりは軒裏が外壁と同じグリーンで塗ったんですよ!


標準仕様はホワイトかアイボリーですが、こちらのお施主様と
細部までこだわってみました!

でも遠目には軒裏が見えないな・・・(笑)




点検では目視で外部を見ます。

基礎にひび割れがないか?

軒裏に雨漏りの後がないか?

外壁に割れや錆がないか?・・・etc

 

 

 

 

 

 

内部は床や柱の傾きがないかもチェックします。

大切な通し柱も何ともありませんね。




今回は引き戸のレールが壊れたことと、外壁の変色が

一番大きな不具合でした。

 

引戸のレールが壊れるのが、実は一番多い不具合なんです。








奥様からも食洗器の散水部分についているゴムが切れたので

代替え品がないかというご注文もいただきました。

消耗品になるので、このような部品は有償になるのが確実ですが

ココは交渉上手な(?・・・汗)冬頭がメーカーさんに直談判します!

 

通常はメーカー保証は1年と決まっていますが、強面(?)の冬頭は

メーカーさんに優しく(?)「タダで直さんかい!」とダメ元で

一応言ってみますからね!

 

ダメだったらごめんなさいね・・・。

 

 

 

 

 

 

点検の時は先ずはハガキを送って点検の時期が来たお知らせをします。

 

その後、お施主様とご都合を合わせてご訪問します。

 

 

 

 

今回は多忙のあまり、点検を4か月ほど伸ばしていただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

点検は下記のようにチェック表を使って行います。

一部はお施主様にも保管していただいています。

 

 

 

 

 

今回は、家には大きな不具合や故障はなかったのですが、

ご家族に大きな変化がありましたー!

 

 

 

 

続きは後半へ続く・・・

 

 

 

 

 

 


今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/